外傷性脱毛に有効な治療法

外因的な要素が原因の脱毛

脱毛症にも色々な種類がありますが、外傷性脱毛症と呼ばれる症状もあります。これは怪我や原因などの外傷が原因で、髪の一部が生えてこなくなる症状もありますし、ポニーテールなどで、強く髪を引っ張る行為やヘルメットを長時間被っていることによる圧迫などで髪が抜けやすい状態になってしまうことも指します。
髪を強く引っ張ってまとめている人やヘルメットを装着する人は、頭皮の圧迫や負担を抑えることで改善できる場合がありますので、頭皮に負担が掛からない工夫をしてみましょう。
怪我などが原因で、一部の髪が生えてこない場合は育毛剤などの努力では改善が難しいものがあります。このような場合も治療で改善できる可能性がありますので、医療機関に相談してみることがおすすめです。

自毛植毛による治療もあります

外傷性脱毛で、怪我などにより一部の髪が生えてこない場合は狭い範囲であれば、その部分を縫合することで目立たなくできる場合もあります。さらに、現在では自毛植毛の技術も進化しており、脱毛部分に植え込むことで髪が復活する可能性もありますので検討してみましょう。
AGAなどとは違う原因ですので、AGA治療薬などでは回復は難しいと言えます。脱毛症も症状により改善策は違いますので、まずは医療機関で診察を受け、それぞれに合う治療方法を選んでいきましょう。怪我ではなく、頭皮の圧迫や強く引っ張ることで髪が薄くなっている場合は育毛剤などのケアでも改善が期待できます。分け目を同じ部分にしている人も分け目が広がりやすいので、時々変えることがおすすめです。

男性の薄毛の治療として使われているミノキシジルは、血管拡張剤として開発された成分ですが、発毛効果が認められ薄毛治療に使われるようになりました。ヘアサイクルを正常化させることで発毛を促進します。