薬剤性脱毛に有効な治療法

抗がん剤による脱毛症状

薄毛や抜け毛にも様々な種類があり、加齢の影響やホルモンバランスの変化で脱毛が進む場合もあれば、ダイエットなどの栄養不足で髪が抜けやすくなる人もあります。
このほかでは薬剤性脱毛症という症状もあり、薬の影響によって起こる脱毛です。
特に抗がん剤治療による脱毛はよく知られています。抗がん剤の作用は毛母細胞の分裂や増殖にまで影響が出てしまうこともあり、治療を行うことで、広範囲の脱毛が見られます。
こうした脱毛症に良い改善策はないか、治療方法はないかも気になるところですが、薬を使っている間は改善は難しいとされています。
とはいえ、脱毛はいつまでも続くのではなく、抗がん剤の治療を止めることで、再生されていきます。まずはガンの治療を優先し治療が終わるのを待ちましょう。

ウィッグを活用しよう

薬剤性脱毛症は育毛剤やAGA治療薬では改善が難しいものがありますが、薬の副作用を原因としていますので、薬をやめるとまた髪は生えてきます。 とはいえ、髪を失うことは精神的なショックも大きく、そのために外出やおしゃれが楽しめないという人も少なくありません。 そんな場合も医療ウイッグを活用すればすぐに脱毛部分はカバーされ、精神的な負担も抑えることができます。さらに帽子も良いものが色々と用意されていますので、積極的に活用し脱毛期間を乗り切っていきましょう。 治療が終わると髪はまた生えてきますので、生えてくる髪を元気に育てるためにも育毛剤の利用や頭皮マッサージなどのケアを行っていきたいところです。栄養を摂ることも髪には大事ですのでバランスの良い食事も心掛けていきましょう。