炎症性脱毛に有効な治療法

パーマやカラーが原因している場合

脱毛症にも色々な種類がありますが、髪の健康を維持するためには頭皮が健康であることが大事です。炎症性脱毛と呼ばれる症状もあり、これは頭皮に何等かの炎症が起きていることが原因の脱毛症です。
まず、パーマやカラーリングなどの薬剤が影響している場合は、まずは使用をやめることがおすすめです。毎日使っているシャンプーやトリートメントが影響している場合はより肌に優しいものに変えてみるなどの対策も行いたいところです。
特に敏感肌の人は安全性の高い商品でもトラブルになりやすいので慎重に選んでいきましょう。シャンプーやトリートメントが頭皮に残っていることも炎症の原因となりますので、しっかり洗い流すことも大事です。
さらに、使っている整髪剤や頭皮ローションも刺激の強いものでないか確認しておきましょう。

頭皮に疾患がある場合

炎症性脱毛は脂漏性皮膚炎などの疾患が原因している場合もあります。脂漏性皮膚炎は脂性のフケが出ることで知られており、頭皮が赤くなりかゆみも発生します。炎症がひどくなると髪も抜けやすくなってしまいます。過剰な皮脂を取り除くことは大事ですが、洗浄力の強すぎるシャンプーを選んでしまうと乾燥が進み、さらに皮脂が分泌されることもありますので、注意が必要です。
さらに乾燥性の細かなフケが多く出て、毛穴が詰まり、炎症を起こし、脱毛が進んでしまうこともあります。フケを取り除こうと洗浄力の強いシャンプーを使うことは乾燥が進み、悪化につながりますので、こちらも注意しましょう。
こうした場合はまず脱毛の原因となる皮膚疾患を治すことが大事ですので、皮膚科で診察を受け、それぞれに合う治療方法で改善を目指していきましょう。

agaの治療の期間は、薄毛の進行度や頭皮の状態によって半年から一年以上掛かることがありますが、根気強く治療を続けることが大切です。